「ポーカープロを10年やってる人は圧倒的にやめたいと思う人が多い」余語葦織のポーカーとの出会いと若者へのメッセージ
Posted in Default

「ポーカープロを10年やってる人は圧倒的にやめたいと思う人が多い」余語葦織のポーカーとの出会いと若者へのメッセージ

余語葦織(Yogo Iori)愛知県名古屋市出身 2010年からポーカープロとして活躍 2013ANZ Piece of The Year 2016APT Piece of The Year 日本人獲得賞金ランキング5位(2022年現在) プロポーカープレイヤーインタビュー第4弾。今回登場するのはポーカープロの余語葦織さんです。 取材場所はなんとフィリピン!GGPoker Manilaに会場をお借りし、このインタビューが実現しました。 10年以上ポーカープロとして活躍する余語さんに、ポーカーとの出会いとポーカープロになるまでどういう経緯を辿ったか、そしてポーカープロという職業に今何を思うかについてお聞きしました。 ポーカーとの出会いを教えてください 僕はカナダの大学に通っていたのですが、大学2年生の時に友達に教えてもらいました。 日本のボードゲームサークルとかはほとんどお金をかけてないと思いますが、海外の大学だとほぼ100%お金を賭けています。日本の麻雀と近いイメージですかね。 ーーその当時はノーリミットホールデムが主流でしたか? 僕がポーカーに出会ったのは2002年なのですが、当時はホールデム一色ではありませんでした。 テキサスホールデムがメジャーになったのはクリスマネーメーカーが2003年に優勝したことがきっかけなので、僕が大学2年生の時に友達と遊ぶポーカーはほとんどがミックスゲームでしたね。 ただ、僕が友達とやっていたミックスゲームは多くの人がイメージする、8gameの種目だけではなく、ホームゲームにしか存在しないゲームもたくさん遊びましたね。Hi/Lo…

Continue Reading...